社員メッセージ

message_p01

お客様からありがとうの言葉。
何にも勝る、最高の報酬です。

福井 勇人安城営業所
2005年入社

お客様である電気工事店を回るルートセールスが基本です。営業というと飛び込みセールスを思い浮かべるかもしれませんが、私たちはちがいます。もちろん最初は知識も経験もありませんから、すぐにお客様から信頼されるわけではありません。でも、少しずつ知識を増やしていくうちに難しい商材についても聞かれるようになり、うまく対応できると「お、こいつ、変わったな」ということになる。すると、新しい現場で使う資材を一切任せてもらえるようになったりするわけです。そんな関係さえできていれば、こちらが売りたいと思っている商材でも買っていただけるわけで、ある商材の社内コンテストでNO.1になった際も、そうしたお客様との信頼関係がものを言いました。ちょっと無理だなという注文にもそうした信頼関係に応えたくて、がんばって動いたとき、「ありがとう。お前のおかげだよ」と言われた時は、本当にこの仕事でよかったなと改めて思いました。

message_p02

当たり前のことを地道に。
営業には、秘訣も早道もない。

小西 敦本社制御営業所
1996年入社

制御営業所というのは、工作機などの機械を作るメーカーに対し、電子部品や制御部品、などを販売する部門のことです。電気工事店の担当の営業とは、扱う商材もちがいますし、設計や購買、工場長など窓口となる担当者の方もちがいます。ただ、ルートセールスであるという点は共通していて、一人だいたい30~40社を受け持って、必要な提案をして回るわけです。ライバルも少なくありませんが、それには約束を回るといった当たり前のことを積み重ねていくことが大切です。制御営業でも、「こうすれば絶対にうまくいく」なんて秘訣はないし、早道もありません。何万点となる商材を少しずつ勉強し、小さいことを積み重ねていくことで、お客様から“可愛がられる”ようになります。そうなれば、「小西だから買ってやるんだ。お前じゃなかったら他から買うよ」なんて言われたりするようになるわけです。これって最高にうれしい“殺し文句”ですね。

message_p03

伝票発行を任せられているのは
信頼されていることの証かな

畠山 由華本社EITEC
2008年入社

EITECというのは、報知器や警報器などの防災関係の機器や資材を扱う部門を指します。10人ほどの営業の方がいますが、その事務管理を私一人で担当しています。商品の発注や入荷のための伝票類は全て私が発行することになっています。小さな案件に関しては、回ってきた書類をもとに私がメーカーへの発注を行ったりしています。間違いが出ないよう伝票類は私だけが発行でき、他の方はできないようになっているため、締め日に処理しなければならない伝票はけっこうな数になります。何日かはバタバタと作業に追われるのですが、これも私を信頼して任せてもらっているからこそだと思うと、やりがいも大きいんです。商社だからかもしれませんが、年齢に関係なく感覚の若い方が多く、その点でも働きやすい環境だと思います。仕事の話だけでなく、冗談を言い合ったりするフランクな人間関係の中で、毎日を過ごしています。

  • 採用情報
  • 募集要項
  • 社員メッセージ
  • 福利厚生